ブログ一覧

ネズミが恐れる香り

「チアゾリン類恐怖臭」

ネズミが動き回るケースの中に黄色い液体を

しみこませた紙を入れると、ネズミがその臭いを嗅いだ瞬間に、動きを止めた。

「先天的な恐怖の香り」を嗅げば「死んだふり」状態にまでなるという。

小早川高・関西医科大学特命准教授。

2019年10月12日

手がふるえる

〇鉛筆を持つときに手がふるえる。

〇乾杯の時にコップを持ち上げるとふるえる。

〇何かの動作をしたときにふるえる。

 

病気?

①本態性振戦とパーキンソン病

ふるえがあるが、ほかの病気が見からないとき、「本態性振戦」とされる。

力を抜いた状態でふるえるのが本態性振戦。

パーキンソン病の可能性をチェックしましょう。

②甲状腺の病気

③小脳障害

 

受診は・・脳神経内科です。

 

 

2019年10月12日

平安の標準治療薬

大同類聚方

桓武天皇が命じ、808年平城天皇が完成させた日本最古の医学書。

大同類聚方の伝本「寮本」を見て驚いた。

陰陽五行説をもとにした漢方医学とは思想がまるで違う。

人体は天の火の気と、土(地)の水と味(食物)が混じってできたという。日本独自の医学理論があった。

たとえば

出雲神薬は、松江市の布目奈大穴持神社で「はやち、頭痛、身熱りおぞけするものに用うべき薬」とある。

分量は

ハマオホネ(防風)4分

ハマアカナ(柴胡)3分

サクラカハ(桜の皮)5分

薬方の出所は神社が多く、全国約140社から約180の薬方が採録されている。

根本幸夫・横浜薬科大学漢方和漢薬調査研究センター長

2019.10.2日本経済新聞より。

 

2019年10月02日

水で回復

9/30、高野山へ

帰りの道中で、目が痛くなり、目薬を数回、点眼したが、よくならず、運転に支障が出てきた。

堺市内のコンビニで、ペットボトルの水500ml

を購入、飲み始めた。

半分を飲み終えたころから、少し良くなり、400mlを飲んだころには、目の痛みもなくなり復活した。

 

2019年10月02日

ろう学校で音楽授業

(オンテナ)

音の大きさをモーターの振動とLEDの光りに変換して、音の強弱をリズムとして感じるのが「オンテナ」。

富士通が7月に発売。

2019年09月19日
» 続きを読む