酸化ストレスで妊娠高血圧症候群が改善?

2017年、鈴木教郎・東北大学準教授らのグループ。
体に悪影響を及ぼすことが多く、胎児の発育を妨げる妊娠高血圧症状の一因でとされてきた酸化ストレス。

“悪玉因子と考えられてきた酸化ストレスに良い効果があることが分かった。さらにデータを集めたい”(鈴木准教授)

グループによると、妊娠高血圧症候群は、妊婦の3~5%が発症する。
母体から胎児に栄養素を送る胎盤の血管が減少し、胎児の成長を阻害する。
母体にも臓器障害などが生じる。
妊娠高血圧症候群になった妊婦にも、細胞を傷つける活性酸素が細胞内にたまった「酸化ストレス」の状態が見られ、病気の一因とされてきた。

そこで、妊娠中に高血圧を起こすマウスで、酸化ストレスのレベルを変化させる実験をした。その結果、

 

酸化ストレスのレベル
a 妊娠高血圧マウスは妊娠中に約20%が死んだ
b レベルを下げると、胎盤の血管は減少し、致死率は40%に上昇。
c レベルを上げると胎盤の血管は正常に形成され、致死率は5%以下だった

 

2017年05月18日