「れ」漢方処方

茘橘香散《中薬臨床応用》      「茘枝核9g、橘核9g、小茴香5g」水煎服。    ◎男性の疝痛。  

 

茘香散《景岳全書》      「茘枝核、大茴香」  

 

茘枝膏 《東醫寶鑑》      「乳糖26両、清蜜14両、烏梅肉8両、生姜5両の汁、麝香5分」先に清蜜       と烏梅肉を水1斗5升で半分まで煎じ、滓を去り、乳香を入れて煎じ、再       び姜汁を入れて煎じ、麝香を入れてかき混ぜ、毎回1匙づつ1日2~3回       水で調下する。    ◎渇を治す。  

 

羚角鈎藤湯《通俗傷寒論》    =「羚羊角鈎藤湯」      「羚羊角片5g(先煎)、釣藤鈎9g(後下)、桑葉6g、川貝母12g、鮮地黄15g、       菊花9g、白芍薬9g、甘草(生)2.5g、竹瀝適量(羚羊角と一緒にに煎じて、       その煎液を水の代わりに用いる)、茯神9g」水煎服。    ◎熱性ケイレン。  

 

羚羊角飲《高階枳園家方》      「当帰・釣藤鈎・川各3.0、白朮・茯苓各4.0、柴胡・羚羊角各2.0、甘草1.5」    ◎子癇  

 

羚羊角丸《東醫寶鑑》      「羚羊角屑1両、石決明・草決明・車前子・犀角屑各7銭半。独活・防風・       蔓荊子・甘菊・梔子・甘草各5銭」作末し蜜で梧子大の丸剤。温水で30       丸呑む。    ◎緑内障・昏花を治す。  羚羊角丸《聖済総録》      「羚羊角、犀角、活、防風、苡仁、秦、竹葉湯」  

 

羚羊角元《東醫寶鑑》      「黄連2両、黄柏・羚羊角各1両半、白茯苓1両」作末し蜜で梧子大の丸       剤。茶清で50~70丸呑む。    ◎蠱痢を治す。

 

羚羊角散[1]《本事方》  「羚羊角・独活・防風・川・当帰・酸棗仁・茯神・杏仁・苡仁・木香・       甘草・生姜」 ◎テンカン。妊婦の子癇。  

 

羚羊角散[2-1]《東醫寶鑑》      「甘菊・防風・川・活・車前子・川烏・細辛各5銭、半夏(麹)・羚羊角       ・薄荷各2銭半」作末し、毎回2銭を生姜・荊芥煎湯で服用。    ◎緑風の内障・昏花を治す。  

 

羚羊角散[2-2]《証治準縄》      「菊花・烏頭各1.0、川・車前子・防風各4.0、活・半夏各3.0、羚羊角1.0、       薄荷・細辛格2.0」    ◎緑内障。  

 

羚羊角散[3]《東醫寶鑑》      「羚羊角・防風・活・人参・赤茯苓・升麻・大黄・車前子・玄参・黄各       7分、梔子・細辛各3分」水煎服。    ◎目に硬いはれものが出来て、目が開けられない者。  

 

羚羊角散[4]《東醫寶鑑》      「羚羊角屑・升麻・細辛各2両、甘草1両」作末し半分は蜜で梧子大の丸剤。 半分は散薬にし1銭を煎じて50丸呑む。    ◎氷の治らないとき。  

 

羚羊角散加減《中薬臨床応用》      「羚羊角末2g(沖服)(あるいは羚羊角骨9g先煎)、酸棗仁・麦門冬各9g、桑       寄生18g、阿膠珠12g(溶解)、牡蛎24g、竜骨30g(打砕先煎)、茯神9g」       水煎服。 ◎妊婦の子癇性ケイレン。  

 

羚羊角湯[1]《外台秘要方》  「木通2、橘皮2、厚朴2、呉茱萸3、乾姜3、羚羊角2、附子」 ◎気通せず、食を得ざるを治す。    ◎此方は気噎にて食餌咽につまり下らざる者に用いる。《勿誤薬室方函口訣》    ◎古方、膈噎(食道の通過障害)に辛温の剤を用いるは、その辛味を以て透達す     るの意なり。羚羊角、噎を治す。亦古意なり。    ◎疝にて飲食を硬塞する者あり。此方にて効を得たり。    ◎飲膈の者(水も通らなくなった食道狭窄症)には効なし。 ◎救急療気噎方とは寒熱相反する。

 

羚羊角湯[2]《世医得効方》 「羚羊角・桂枝・附子・独活各1.35、芍薬・防風・川各1・生姜3」    ◎筋痺、肢節束痛を治す。    ◎此方は筋痺と云うを目的とす。    ◎一婦人、臂痛甚だしく、肩背の筋脈強急して動揺し難き者、此を用いて治す。    ◎羚羊角、附子と伍するは格別の活用あり。    ◎子癇を治す《方読便覧》

 

羚羊角湯[3]《審視瑶函》  「羚羊角・人参・玄参・地骨皮・活各1、車前子1.5」  

 

羚羊角湯[4]《東醫寶鑑》      「羚羊角・桂皮・附子・独活各1銭3分半、白芍薬・防風・川各1銭、姜3       片」水煎服。    ◎筋痺で肢節が痛む者。  羚羊角湯《医醇騰義》      「羚羊角、亀板、生地黄、牡丹皮、白芍薬、柴胡、薄荷、蝉退、菊花、夏枯       草、石決明」水煎服。 ◎平肝熄風、滋陰。  

 

羚羊角湯[5]《東醫寶鑑》      「羚羊角・独活・酸棗仁・五加皮各1銭2分、陳皮・苡仁・当帰・川       ・茯神・杏仁(炒)各7分、木香・甘草各5分、姜3片」水煎服。 ◎妊婦が中風に罹り、うなじや背が硬直して、筋脈がケイレンし、口がゆがんで     言語がしにくく、痰が盛んで混迷し、又四肢がふるえ・人事不省になる。  

 

羚羊角湯《聖済総録》      「羚羊角、独活、烏頭、防風」  

 

羚羊角湯《宣明論》      「羚羊角、人参、赤茯苓、遠志、大黄、甘草」  羚羊角湯《医醇義》      「羚羊角、亀板、生地黄、牡丹皮、白芍薬、柴胡、薄荷、蝉脱、菊花、夏枯       草、石決明」

 

羚羊鈎藤湯(れいようこうとうとう)《通俗傷寒論》    =「羚羊角鈎藤湯」「羚角鈎藤湯」  「羚羊角・桑葉・川貝・鮮地黄・釣籐鈎・菊花・茯神・生白芍・生甘草・竹       茹」 ◎肝風内動・痙攣・冷えてひきつる。

 

羚羊鈎藤湯(れいようこうとうとう)《通俗傷寒論》 「羚羊角2(先煎)、釣藤鈎18(後下)、桑葉9、川貝母12、竹茹12、生地黄18、       白芍薬18、菊花12、茯神9、炙甘草3」水煎服。    ◎清熱熄風。    ◎熱性ケイレン    ◎高血圧症で肝陽化風の者。  

 

羚羊散《厳氏済生方》      「当帰・川・防風・茯苓・独活・杏仁・苡仁・木香・五加皮・羚羊角・       甘草・生姜」水煎。 ◎子癇(妊娠癇症のこと)の者は目吊り口禁し癇仆するなり。此方に宜し。

 

丸《医宗金鑑》      「三七、血竭、大黄、阿魏、児茶、天竺黄、乳香、没薬、雄黄、羊肉、竜脳、       麝香、牛黄、姜黄」

 

令女玉門小方[1]《玉房指要》      「硫黄4分、遠志2分」作末し、絹の袋に詰め、玉門中に入れる。    ◎女の玉門を小さくする処方。

 

令女玉門小方[2]《玉房指要》      「硫黄2分、蒲華2分」作末し、三指撮(大指と示指で3回つまんだ量)を1       升の湯の中に入れ、それで玉門を洗う。 ◎嫁入り前の少女のようになる。  

 

霊砂《東醫寶鑑》      「水銀4両、硫黄1両」鉄銚内に入れ、炒ると砂のようになるが、煙と火花       が出ると醋をふって細研し、鍋に入れて赤石脂で堅く封をした後、塩泥で       又堅く封をし、炭20斤で焼いて一泊した後、取り出して細末にし糯米糊       で麻子大の丸剤。毎回5~15丸を、空腹時に人参大棗湯で調服し、猪・       羊血、緑豆粉、冷滑したものを避ける。    ◎すべての虚による涸冷・厥逆に特効あり。  

 

霊脂丸《証治準縄》《中薬臨床応用》      「五霊脂、白豆、縮砂、麦芽、莪朮、青皮、使君子、橘紅、乾蟾蜍」各6g       を作末し米糊で小豆大の丸剤。1回10丸を重湯で服用。    ◎疳積による痞塊。

 

霊神膏《東醫寶鑑》      「赤茯苓・朱砂各1両、麦門冬5銭、麝香2銭半」作末し蜜で混ぜて丸剤。       就寝時に薄荷湯で1丸服用。    ◎急驚風を治す。  

 

霊仙除痛飲[1-1]《東醫寶鑑》    

=(一名麻黄芍薬湯《医学入門》)      

「麻黄・赤芍薬各1銭、防風・荊芥・活・独活・威霊仙・白・蒼朮・片       (酒炒)・枳実・桔梗・葛根・川各5分、当帰梢・升麻・甘草各3分」       水煎服。    ◎肢節が疼痛する者。  

 

霊仙除痛湯[1-2]《万病回春》《古今方彙》      「麻黄・赤芍薬各1銭、防風・荊芥・活・独活・白・蒼朮・威霊仙・黄       ・枳実・桔梗・葛根・川各5分、当帰尾・升麻・甘草各3分」水煎。 ◎諸節腫痛するを治す。    ◎左の下焦が痛むには:「黄柏(酒)」    ◎婦人には:「紅花」    ◎腫多ければ:「檳榔子・大腹皮・沢瀉・没薬」    ◎脉渋り数なる者は血あり。桃仁、紅花、川、当帰に宜し、及び大黄(酒)     で微しく之を利せ。    ◎身体各所の関節の炎症と疼痛、腫脹に適し、尿酸性の関節炎(痛風)に著効があ     る。《中医処方解説》  

 

霊礬散《東醫寶鑑》      「五霊脂2銭、柿白礬5分」作末し毎回2銭を水煎服。    ◎小児の蛔厥心痛を治す。  

 

霊宝丹《東醫寶鑑》      「木香・沈香・乳香各半銭、巴豆皮(芯・油を去る)2銭」を作末し、大棗3       枚を蒸して肉を取り、搗いて緑豆大の丸剤。1丸づつ水で呑む。    ◎大便の不通を治す。

 

靂霹丹《東醫寶鑑》      「蛇退1条と蚕退紙を焼いて各2銭、男子頭髪の焼灰・道ばたに捨ててある       左の草鞋を焼いて各1銭、乳香5分、黒鉛2銭半、水銀7銭半」鉛と銀は       鍋に入れ、火で溶かして砂粒ぐらいになったら細研して豚の心血で梧子大       の丸剤。金箔で衣をし、毎回2~3丸を飲む。    ◎出産の時、気を失い、目がひっくり返り、口をつぐんで顔色が黒く、よだれを     たらす、母子のいずれかが死ぬような時、急いでこの処方で助ける。  

 

麗沢通気湯[1-1]《万病回春》      「黄蓍・蒼朮・活・独活・防風・升麻・葛根・甘草・川椒去閉目子不用・       麻黄不去節冬月加・白各三分」作一剤生姜散片棗二枚葱白三根」水煎。 ◎鼻不聞香臭。  

 

麗沢通気湯[1-2]《蘭室秘蔵》《東醫寶鑑》      「黄蓍1銭、蒼朮・活・独活・防風・升麻・葛根各7分、甘草(炙)5分、       麻黄・川椒・白各3分、姜3、棗2、葱白3寸」水煎服。    ◎肺に風熱があって匂いを嗅げない者。  

 

麗沢通気湯[1-3]《漢方治療の実際》      「活・独活・防風・葛根・朮・葱白各3、升麻・麻黄・蜀椒・甘草・生姜       ・大棗各1、白・黄蓍各2」    

★適応症及び病名(五十音順)  蓄膿症:    ☆葛根湯を呑むと鼻の気持はとても良いが、何となく胃の気持が悪いという副鼻洞炎の青年に、葛根と麻黄が入っていて、しかも胃にさわらない処方はないかと探し、《万病回春》のこの方を得て用い、著効を得たことがある《大塚敬節》        ☆《積山遺言》に“飢飽、労役によって、その脾胃を損ずれば営運の気、上升する能はず、邪、鼻を塞ぎ、香臭を聞かざるなり、麗沢通気湯之を主る”とあって、食事の不摂生や過労などで、消化機能が衰えて、鼻がつまり、嗅覚の悪くなった者に、この方を用いる《大塚敬節》

☆この方を用いて効がない場合、補中益気湯活・防風・白豆または、補中益気湯防風・麦門冬・梔子・沈香・細辛を用いる《積山遺言》

 

冷附湯《東醫寶鑑》      「大附子1箇を皮・臍を去り、切って貼を作り、毎回1貼に姜10片を入れ       煎じて滓を去り、一晩露にあて、五更初に冷服する。    ◎瘧疾に痰がいっぱいで脾胃が弱く、胸膈間に停滞する者。  

 

冷補丸《東醫寶鑑》      「天門冬・麦門冬・生乾地黄・熟地黄・牛膝・白芍薬・地骨皮・石斛・玄参       ・磁石・沈香」各等分に作末し、蜜で梧子大の丸剤。塩湯で70丸呑む。    ◎虚労で腎が弱くなった者。  

 

連穀丸《東醫寶鑑》      「黄連・枳殻各2両」切って「槐花4両」と炒った後、槐花を去り、粉末に       し蒸餅で梧子大の丸剤。白湯で50~70丸服用。    

◎内腸から出血し、脈絡につまった者。

 

連葛解醒湯《証治大還》      「黄連1.5、葛根5.0、滑石3.0、梔子2.0、神麹3.0、青皮2.0、木香2.0」    

◎酒積、腹痛、泄瀉を治す。(治酒積、腹痛泄瀉)    

◎此方は酒客の久痢に効あり。    

◎俗に疝瀉などと唱えるもの「真武湯」「七成湯」等を与えて効無きとき、腸胃     の湿熱に着眼して此方を用いるべし。

◎酒毒を解すること「葛花解醒湯」より優なり。《勿誤薬室方函口訣》

 

連翹飲《医事説約》      「