「ろ」漢方処方

【漢方ろ】


弄玉湯《原南陽》
      「茯苓・桂枝各4分、白朮2分、甘草・黄連各3分、木香・橘皮各2分」
    ◎小児疳証、黄痩腹痛久下、食進まざる者を理む。大人の心下痞、悪心、虚悸等、     通用すべし。
◎此方は《原南陽》の経験にて、


 貝養栄湯[1-1]《温疫論》
      「知母・花粉・貝母・括楼実・橘紅・白芍薬・当帰・紫蘇子」(上巻)
    ◎痰涎壅塞。


貝養栄湯[1-2]《温疫論》《勿誤薬室方函口訣》
    =「呂貝養栄湯」
      「括仁・貝母・知母・橘皮・芍薬・当帰・天花粉・蘇子・生姜」
    ◎痰涎湧くこと甚だしく、胸膈清からざる者を治す。
◎此方は熱邪大熱解する後、痰涎壅塞して、精気振るわざる者に用いる。
◎[竹葉石膏湯]は余熱上焦にありて痰を動かす者を治す。此方は胸郭清からずし     て痰壅を目的とする。
◎雑病には精気振るわず痰胸膈にありて懸痛する者を治す。

炉甘石散《東醫寶鑑》
      「炉甘石を多少にかかわらず、先に童便で7回濾して、黄連を煎じた湯で       淬すること7回、又、雀舌を煮た水で淬すること7回、この3つの汁を       合わせ、再び3回淬させたあと、炉甘石を細末にして少しづつ目の痛む       ところへ垂らす。
    ◎爛弦風を治す。

 芦根清胃飲《中薬臨床応用》
      「芦根30g、茅根30g、竹茹6g、半夏6g、生姜6g、枇杷葉9g」水煎服。
    ◎胃熱による吐、吃逆、口臭
    ◎舌質は紅、乾燥。

炉硝散《審視瑤凾方》《中薬臨床応用》
      「活9g、防風9g、川6g、白6g、黄9g、菊花9g、蔓荊子9g、炉甘       石15g、硝石2.5g、竜脳0.3g」前の7葉の水侵液を2回とり、薬液が糊状       になるまで蒸発させ、次いで後の3薬の細末と練り合わせる。毎日2回1       %Dicaine点眼をしてから少量を塗布する。
    ◎結膜炎
    ◎結膜潰瘍
    ◎翼状片
 

 

玉湯《原南陽》
      「茯苓・桂枝各4分、白朮2分、甘草・黄連各3分、木香・橘皮各2分」
    ◎小児疳証、黄痩腹痛久下、食進まざる者を理む。大人の心下痞、悪心、虚悸等、     通用すべし。
◎此方は《原南陽》の経験にて  

 

砂三子湯《中薬臨床応用》      「砂0.6g(沖服)、蘇子9g、子9g、白芥子5g」水煎服。    ◎慢性気管支炎    ◎肺気腫    ◎咳嗽、喀痰、息苦しい    ◎呼吸困難




呂仏翁方《東醫寶鑑》      「熟地黄・川椒(炒)・甘菊」各等分に作末し、蜜で梧子大の丸剤。           空腹時に塩湯で50~70丸呑む。    ◎老人の内障・昏暗を治す。  

 

狼牙湯《金匱要略》      「狼牙3両」       右一味、以水四升、煮取半升、以綿纏筋如繭、浸湯瀝陰中、日四遍。    ◎少陰脉滑而数者、陰中即生瘡、陰中触瘡爛者、狼牙湯洗之。  

 

楼貝湯《中薬臨床応用》      「楼皮9g、浙貝母9g、牛蒡子3g、連翹9g、山梔子6g、桑葉6g、天花粉9g、       薄荷5g(後下)」水煎服。    ◎急性の咳嗽。    ◎粘稠で黄色い痰    ◎肺炎    ◎気管支炎  

 

漏蘆散《衛生宝鑑》      「漏蘆、升麻、大黄、黄、藍葉、玄参」

 

漏蘆散《東醫寶鑑》       「漏蘆2銭半、蛇退(焼)1条、瓜1箇」作末し2銭を酒で調服し、熟羹湯       で補い、万一乳汁があまり多くて急に痛むときは、温帛をかけてもむ。    ◎乳汁が運行せず、乳が張って痛んで、癰腫になろうとする者。  

 

漏蘆湯《備急千金要方》      「漏蘆、黄、連翹、白歛、枳殻、升麻、甘草(生)、麻黄、朴硝、大黄」  漏芦解毒湯《中薬臨床応用》      「漏蘆9g、黄蓍24g、党参18g、防風9g、黄柏9g、川5g、当帰6g、北紫       草6g、金銀花5g」水煎服。    ◎難治性の湿疹、皮膚化膿症

 

蘆薈丸《内科秘録》      「蘆薈」細末にし、糊で作丸し、1回1.0g服用。(巻九) 露姜飲《東醫寶鑑》       「生姜4両を皮を裂いて自然汁を出し、瘧が出そうになったら、前夜にきれ       いな容器にいれて紗布をかぶせ、露にあて夜中に上澄みを取って呑む。    ◎痰瘧を治す。

 

露姜養胃湯《東醫寶鑑》      「先に生姜4両を搗いて自然汁を取り、一晩夜露にあて、翌朝人参養胃湯1       貼に棗2、梅1を入れ、煎じて姜汁で混ぜ、空腹時に温服。    ◎長くなった瘧疾が35日ごとに1度発する者。  

 

露宿湯《東醫寶鑑》      「杏仁(皮尖)7個、苦木瘡(手のひら大)1個、烏梅1、草果1、酸石榴皮半分、       青皮2、甘草1寸、姜3片」水煎し、一晩露に当て、翌朝空腹時に服用。    ◎風痢に血が混じる者。

 

露星膏《東醫寶鑑》      「黄蓍(蜜炒)・胡黄連・地骨皮・柴胡」各等分に作末し、蜜で実大の丸剤。       酒に漬けて一晩露にあて、次の日に酒は捨て、薄荷湯に漬けて食べる。 ◎脊疳を治す。

 

老瘧飲《東醫寶鑑》 =「瘧飲」      「蒼朮・草果・桔梗・陳皮・良姜各7分、白・赤茯苓・半夏・枳殻・桂心       ・乾姜・甘草各5分、紫蘇葉・川各4分」作1貼し、塩を少し入れ煎       服。 ◎老瘧でになり、脇腹にある症。

 

老瘧丸《東醫寶鑑》      「常山・草果各2両半、縮砂・檳榔・三稜・莪朮・青皮・陳皮・烏梅・半夏       各1両」作末し姜汁糊で麻子大の丸剤。毎回5丸、就寝時に冷水で呑む。  十将軍丸と同じ薬物。    ◎瘧が治らず、腹痛して瘧母になる者。  

 

老君神明散《東醫寶鑑》      「川烏(炮)4両、附子(炮)・白朮各2両、桔梗・細辛各1両」粗末にし絳絹       袋に入れて腰にぶらさげて歩くと、他人に伝染しない。       絳=コウ、真っ赤の意。    ◎瘟疫を予防する。

 

煎散《東醫寶鑑》      「杏仁・人参・麦門冬・山薬・白茯苓・百合・鹿角膠・甘草(炙)」各等分に       粗末、毎回3銭を黄と角子ぐらいに切って入れ、水煎服。    ◎虚労の為、長い間喘嗽し、又は、膿血を出す者。  

 

茶飲(ろうちゃいん)《東醫寶鑑》      「麦芽・附子・白各1銭、細辛・川・防風・活・荊芥各半銭、塩一握       り」煎服。    ◎赤脈が上から下る症。  

 

苓元(ろうれいげん)《東醫寶鑑》    

=「威喜元」      「雪白茯苓4両を切って、猪苓2銭半と煎じて20余回煮立ったら、猪苓は       捨て、茯苓だけ取り出して作末し、黄4両を溶化して弾子大の丸剤。空       腹時にかんで棗湯で徐々に送り込む。    ◎腎の湿邪で精気が丈夫でなく、小便が白濁し、淋瀝して止まらない者。    ◎婦人の白淫・白帯を治す。 六一散[1-1]《劉河間》  「滑石・甘草」 ◎身熱吐瀉・赤白下痢・小便不通・淋痛。 (排尿痛・排尿困難・湿熱) ◎益元散[1]、 茯苓琥珀散《医鑑》参照。  

 

六一散[1-2]《宣明論》      「滑石、甘草」  

 

六一散[1-2]【中成薬】《中薬臨床応用》      「滑石(生)末、生甘草末」6対1の割合で服用、       成人は毎日2~3回、6~9g(小児は2.5~3g)ぬるま湯で服用。       他剤の煎汁で服用も可。       他の薬物と一緒に煎じるときは、9~15gを包煎。    ◎熱射病による、高熱、尿量減少、煩躁、口渇、水様性下痢。

 

六一散[2]《朱氏集談》      「黄蓍(炙)6両、甘草(炙)1両」       右細末如常服乾喫亦得。    ◎治喀血発寒熱。

 

六一順気湯《傷寒六書》《東醫寶鑑》      「大黄2銭、枳実・厚朴・芒硝・柴胡・黄・芍薬・甘草各1銭、姜3片」       水煎し、半分になったら鉄さび液3匙入れ調服する。    ◎傷寒の熱邪が内に伝わって、大便がなかなか出ず、口が渇いて、咽喉が乾き、     譫語し、発狂する者。    ◎自汗・胸膜がはって痛む者を治すが、大・小調胃と三一承気と大柴胡湯・大陥     胸湯に代わる特効処方。    ◎傷寒裏に伝わり、大便結実、口燥咽乾、熱を怕(オソ)れて衣を掲げ、譫語狂妄、     手を揚げ、足を擲(ナゲウ)ち、班黄、陽厥、潮熱、自汗、胸腹満硬、臍をめぐり     て疼痛する等の症を治す。《古今方彙》    ◎痢にて赤白を問わず相雑え、肚痛み、裏急後重、渾身発熱し、口乾、渇を発す     る者を治す。《万病回春》    ◎陽明にて内は実し下は失し而してを発する者を治す。《万病回春》

 

六欝湯[1-1]《東醫寶鑑》      「香附子2銭、川・蒼朮各1銭、赤茯苓・梔子仁各7分、縮砂・甘草各5       分、姜3片」水煎服。   ◎六欝の通治薬。  

 

六欝湯[1-2]《東醫寶鑑》      「便香附・蒼朮・神麹・連翹・陳皮・川・赤茯苓・貝母・枳殻・紫蘇葉各       1銭、甘草5分、姜3片」水煎服。   ◎あらゆる鬱火を下す。  

 

六欝湯[1-3]《医学正伝》《古今方彙》   =本方六欝湯。      「陳皮・半夏・蒼朮・川各1銭半、山梔子・赤茯苓各7分、香附子2銭、       砂仁・甘草各5分、生姜」煎服。 ◎気血食痰湿熱の六欝を治す。  

 

六欝湯[2] 《医学入門》      「陳皮・半夏・川・蒼朮各一銭、赤茯苓・梔子仁各七分、香附子二銭、砂       仁・甘草各五分、生姜三切」      「越鞠丸神麹、半夏・橘紅・茯苓・縮砂・甘草各3.0」   ◎理気解欝、和胃化湿。

 

六応散《東醫寶鑑》      「欝金・滑石・川」等分に作末し、毎回2銭をセイ汁で調下。   ◎吐剤。  

 

六神丸[1-1]《雷氏方》      「牛黄、雄黄、真珠粉、元寸香、氷片、蟾酥」  

 

六神丸[1-2]《雷氏方》 「麝香、牛黄、竜脳、朱砂、蟾酥、雄黄」

 

六神丸[1-3]【中成薬】      「蟾酥、牛黄、真珠、麝香、雄黄、竜脳」1日1~2回、30~60mgづつ服       用。    ◎咽頭炎、扁桃炎。  

 

六神丸[2]《京都亀田家製》      「蟾酥5.0、麝香25.0、牛黄13.0、熊胆・真珠各17.0、辰砂12.0、竜脳3、       結合剤8.0、丸皮芍薬霜」 ◎めまい、息切れ、気付け、腹痛、胃腸カタル、食あたり。  

 

六神丸[3]《東醫寶鑑》      「黄連・木香・枳殻・赤茯苓・神麹(炒)」各等分に作末し、神麹糊で梧子大       の丸剤。毎回50~70丸を、赤痢には甘草湯で、白痢には乾姜湯で、赤白       痢には乾姜甘草湯でそれぞれ飲み下す。    ◎一切の痢疾。

 

六神散《東醫寶鑑》      「白茯苓・白扁豆(炒)各2銭、人参・白朮・山薬(炒)各1銭、甘草(炙)7分」       を粗末にして毎回1銭に「姜3・棗2」を入れ水煎服。    ◎お腹が冷え、夜泣きする小児。  

 

六神散《三因極一病証方論》《古今方彙》      「人参・白朮各5銭、茯苓1両、甘草2銭、山薬5銭、白扁豆1両、生姜、       大棗」水煎。    ◎「四君子湯山薬・白扁豆」 ◎引きつけて、面青く啼哭し、口は冷気を出し、或いは泄瀉し、乳せざるを治す。    ◎腹痛にて啼哭し、面青く、口中冷気、四肢も亦冷え腰を曲げて啼き、或いは大     便青白糞を泄瀉し、及び乳を吃わざるを治す。

 

六神湯(飲六神湯)《女科輯要方》 「橘紅・石菖蒲・半夏麹・胆星・茯神・旋覆花」  

 

六神湯《東醫寶鑑》      「肉豆()・破故紙(炒)・白朮・白茯苓各1銭半、木香・甘草(炙)    ◎脾と腎がともに弱く下痢する者。  六聖散《東醫寶鑑》      「乳香・没薬・川・雄黄・白各2銭、芒硝5銭」作末し病人を仰臥させ       て口に水を含ませ、薬を鼻内に少し吹き入れる。    ◎あらゆる頭痛。  

 

六柱散《東醫寶鑑》      「四柱散訶子・肉豆各等分」       四柱散=木香・白茯苓・人参・附子(炮)・姜・棗。    ◎元臓が冷え、腹痛・下痢する者。  

 

六珍丹《東醫寶鑑》      「水銀1両半、黒鉛1両」を炒って粉にし、雄黄・雌黄・真珠各1両、丹砂       (水を切る)5銭を細末にし、蜜を入れて搗いて梧子大の丸剤。姜棗湯で5       丸づつ服用。    ◎五種の癇病で叫び、風癇で昏倒し泡を吹き、四肢がしびれる者。

 

六度煎《亀井南溟》《勿誤薬室方函口訣》      「芍薬・当帰・黄蓍各1銭、遺糧8銭、附子・虎脛骨各1銭」    ◎黴毒、筋骨疼痛して諸薬効かず、形体虚憊する者を治す。    ◎此方は黴毒頑固数年治らず、津液これが為に虚憊骨立、或いは筋骨疼痛、ほと     んど痿躄を為し、桂枝加朮附湯の類を与えて効なき者を治す。もし津液やや復     すと雖も、毒動かざる者は[化毒丸]少量を兼用すべし。

 

六磨湯[1-1]《東醫寶鑑》      「四磨湯大黄・枳殻」       四磨湯=檳榔・沈香・木香・烏薬    ◎大便不通で熱のある者。  

 

六磨湯[1-2]《東醫寶鑑》      「四磨湯木香・枳殻各等分」    ◎七情が欝結し、上気・喘急する者。    ◎気のふさがった者。  

 

六磨湯[1-3]《世医得効方》《古今方彙》      「沈香・木香・檳榔子・烏薬・枳殻・大黄各等分」熱水を用いて膿汁に磨り、       合して之を服す。立ちどころに通ず。 ◎気滞腹急、大便閉結するを治す。  

 

六味三稜丸《東醫寶鑑》      「莪朮・三稜・麦芽・青皮」等分に作末し、麺糊で緑豆大の丸剤。白湯で10       ~20丸呑む。    ◎米飯ばかり食べて、癖積になった者。  

 

六味丸[1-1]《小児薬証直訣》      「熟地黄八銭、山茱萸肉・山薬各四銭、沢瀉・牡丹皮・茯苓(去皮)各三銭」       作末し梧桐子大の蜜丸。毎回三丸を空腹時に温服。(下巻)。

 

六味丸[1-2]【中成薬】《小児薬証直訣》《中薬臨床応用》    =「六味地黄丸」「地黄丸」      「熟地黄、山茱萸、山薬、茯苓、沢瀉、牡丹皮」    ◎滋補肝腎、清虚熱、利湿。    ◎腎性高血圧。    ◎慢性腎炎    ◎糖尿病    ◎神経衰弱 【薬理】 六味地黄複方の薬理試験用として、熟地、山茱萸、淮山薬、牡丹皮、澤瀉、茯苓を8:4:4:3 :3:3の割合で煎剤とする。 ①腎性高血圧に対する影響 131Iでラベルしたイオタラム酸ナトリウムを用いて腎機能を測定し、腎臓を結紮して高血圧を発生させてから、1日煎剤(150%)1.5g/kgを週に6日間経口投与すると、明らかな血圧の低下と腎機能の改善がみられた。 ②副腎皮質機能に対する影響 副腎中に含まれるビタミンCの量。肝臓内に含まれるグリコーゲンの量(ラット/マウス)及び周囲の血液中の好酸球の数(マウス)を指標として、長期にわたり大量に投与したが、明らかな影響は無かった。 ③交感神経系の機能に対する影響 ラットの寒冷昇圧反射、エピレナミンの昇圧反応および副腎中のカテコールアミンの量を指標として、1~2週間経口投与したが、明らかな影響はなかった。  

 

六味丸[1-3]《東醫寶鑑》      「熟地黄8両、山薬・山茱萸各5両、沢瀉・牡丹皮・白茯苓各3両」粉末に       し蜜で梧子大の丸剤。温酒と塩湯で50~70丸呑む。    ◎腎水不足と陰虚を治す。    ◎虚労に腎気が衰弱した症で、痩せて盗汗があって発熱し、五臓が衰弱した者。

 

六味丸[1-4]《小児薬証直訣》《龍野ー漢方処方集》    =「六味地黄丸」      「熟地黄8、山茱萸・山薬各4、牡丹皮・沢瀉・茯苓各3」 の割合で粉末に       し蜂蜜で丸剤に作り、6.0g~15.0gを1日3回に分服。    ◎肝腎不足、真陰虧損し、精血枯渇し、憔悴羸弱し、腰痛足酸、自汗盗汗し、汗     水泛(うか)んで痰となり、発熱咳嗽し、頭重目眩、耳鳴耳聾、遺精便血、消渇     淋瀝、失血失音、舌燥喉痛し、虚火牙痛足跟痛をなし、下部瘡瘍等の症を治す。    ◎憔悴羸痩、腰痛足だるく自汗又は盗汗、頭眩、耳鳴り、遺精消渇、舌燥喉痛、     歯痛などの症状を呈する者。    ◎此方は金匱腎気丸の桂枝、附子を去ったものであるから、八味丸よりは軽症で     ある。腎虚のため疲労感があり、特に精力弱く、陰痿、遺精、腰痛等を訴え、     多尿、耳鳴、弱視、口渇等を伴うものに用いる。脾虚、気虚著しくして食欲不     振、下痢傾向あるものは禁忌である。《漢方後世要方解説》     熟地=陰を滋し、腎を補い、血を生じ、精を生ず。君薬。     山薬=肝を温め、精をらす。     牡丹=君相の伏火(心火、肝火、命門火)を瀉し、血を涼しうす。     山薬=脾を補し、腎を固うす。     茯苓=脾火の湿熱を滲し。     沢瀉=膀胱の水邪を瀉し耳目を聡明にす。    

★六味丸:(腎陰虚、頭のふらつき、ほてり、口渇、舌乾燥、多尿、小便不利、         下腹部軟弱・無力、疲労倦怠、憔悴、羸痩)    

★適応症及び病名(五十音順)   [1]明け方の下痢 (毎朝)   [2]足のすねの疥癬     [3]頭がボーッとする                              [4]頭がふらつく     [5]安静時に腰が重い     [6]息切れ    [7]遺精:        ☆性的衰弱で陰痿、遺精、耳鳴を訴え根気なき者《漢方後世要方解説》    [8]萎縮腎:        ☆夜寝ると、のどがカラカラに乾く者。     [9]胃痛:        ☆(胸焼け、ゲップ)     [10]陰痿:        ☆下腹部がひきつれる者。     [11]陰虚火動     [12]陰虚面浮     [14]陰茎強直症     [15]陰茎の掻痒・疼痛          [16]陰症発斑     [17]黄疸(慢性疲労による、陰黄) 咳嗽 ☆六味丸+五味子=七味都気丸《湯頭歌訣》     [18]顔のむくみ     [19]かかとが痛い     [20]鶴膝風     [21]角膜炎     [22]角膜潰瘍     [23]角膜ヘルペス     [24]過少月経     [25]肩こり           ①腎陰虚。           ②口渇。           ③舌乾燥。           ④多尿、小便不利。           ⑤下腹部軟弱・無力。           ⑥疲労倦怠。           ⑦憔悴、羸痩。     [26]脚気     [27]滑精(かっせい)     [28]下腹部軟弱・無力     [29]眼瞼湿疹・眼瞼皮膚炎     [30]乾癬:        ☆患部が黒く乾燥している者。      [31]肝硬変:         ☆「乾姜・川・防已」《方読便覧》     [32]気管支喘息     [33]稀発月経     [34]筋骨痿弱:《漢方後世要方解説》     [35]強皮症     [36]結核性関節炎     [37]血尿(尿血)      [38]血分腫:        ☆「乾姜川防已」《雑病翼方》      [39]血淋     [40]月経過少(月経量少ない     [41]下痢:        ☆(食後に下痢、排便後はすっきり)        ☆(明け方の下痢、腎陰虚、食後に下痢、排便後はすっきり)        ☆腎虚にて久瀉止まざるには:「五味子・破故紙・肉豆・呉茱萸」         《寿世保元》     [42]健忘症     [43]声がれ:         (房事過多で腎気不足)     [44]口渇:        ☆(夜間に口がカラカラになる)   [45]口舌乾燥      [46]甲状腺機能亢進症       [47]高血圧症     [48]呼吸促迫     [49]五更瀉   [50]午後から夜にかけての発熱      [51]腰から下が重い・だるい      [52]跟痛     [53]座骨神経痛     [54]残尿感      [55]痔(内痔核)     [56]痔瘻   [57]自汗      [58]子宮後屈      [59]子宮前屈      [60]思考力減退      [61]四肢無力:         ☆石束氏の3歳になる児は、ある日、突然頸の筋肉が軟弱になって頭          が傾き、手足の筋肉の締まりを失って、いざりのようになって動か          なくなってしまった。腹をみると、右側がふくれて気球のようで、          これを圧すとぶわぶわして軟く、締まりがない。 石珠氏は驚いて、余に診を乞うた。余は言った。これは全く天柱          崩倒の症である。腹のふくれたのは腹気が腸を維持することが出来          なくて腸が崩れたと見える。先ず試みに六味丸を与えてみようと言          って、これを飲ましたところ奇効があり、数剤の服用で全治した。         《大塚敬節》      [62]歯槽膿漏      [63]肢体沈重=四肢が重だるい [64]シェーグレン症候群 ☆疲れやすく、足腰がだるい、手足がほてる、めまい、寝汗、舌は赤く乾いている。頻尿、夜尿などの症状がある者に用いる(漢方診療医典)      [65]消渇(下消)      [66]硝子体溷濁      [67]小児の下痢      [68]小児の頭蓋骨門の閉鎖不全:         ☆《梧竹楼方函口訣》         “この方は虚弱児童や解顱の者を治するのがもとで、それを大人の治          療にも転用する”      [69]小児の発育不良:         ☆小児で肝気が亢ぶって気が短くなり、何かにつけて泣き出すと止ま          ず、眼に青味が多く、額に青筋が現れ、顔はいつも蒼白いような者          にこの方を半年~1年も続けて飲ませると、いつとはなしに気質が          落ち着いて重厚となり、筋肉の発達もよくなりたいへん達者になる           《梧竹楼方函口訣》      [70]小児の発熱:        ☆(発熱が続き全身が熱い)      [71]小児のひきつけ     [72]小児麻痺     [73]小便不利:         ☆津液枯渇し、小便不利する:「車前子」《方読便覧》      [74]小便淋滴      [75]小便失禁         ☆内虚熱する者にして小便頻数不禁なるを治す:「牡蛎・五味子」          《丹渓附録》      [76]食後の下痢      [77]食欲不振(腎機能の衰弱により)      [78]弱視:        ☆初老の者。      [79]耳鳴      [80]自律神経失調症      [81]視力減退      [82]神経衰弱           [83]心臓性喘息      [84]腎盂炎      [85]腎炎      [86]腎臓結石      [87]腎臓結核      [88]腎風瘡      [89]頭痛(陰虚痛)   [90]性的神経衰弱      [91]性欲の異常亢進      [92]精力減退      [93]せき:         ☆(夕暮れから夜間、疲労による痰が多い咳)[夜嗽]・[労嗽]        ☆咳嗽、その標、肺にあってその本、腎にあるを治す「蛤・麦門冬         ・五味子」《方読便覧》     [94]脊椎症:        (畸型キガタ)     [95]赤白痢      [96]舌苔:         ☆傷寒壊症、舌上黒苔あり、乾燥して亀裂。精神恍惚、津液枯渇し、          熱劇しく、如何ともできない:「黄連・白芥子」《本朝経験》      [97]前立腺肥大      [98]早漏      [99]帯下(白)      [100]大小便秘結      [101]苔癬:        ☆(患部が黒く乾燥)      [102]腿膝枯細      [103]だるい      [104]脱肛     [105]脱力感     [106]タンパク尿     [107]知能の発達不良     [108]潮熱     [109]疲れやすい     [110]低血圧症     [111]手足のほてり     [112]盗汗     [113]糖尿病:         ☆糖尿病にて虚状を呈し、陰痿、多尿、口渇する者《漢方後世要方解          説》     [114]糖尿病性掻痒:        (患部が黒く乾燥)     [115]動脈硬化症     [116]夏まけ     [117]難聴 ☆八味丸適応者より冷感が少なく、比較的若年者には六味丸が適している(漢方診療医典)     [118]乳幼児の発育不良     [119]尿失禁     [120]尿閉     [121]尿崩症     [122]尿路感染症     [123]妊娠中の子宮の位置異常(前屈・後屈)     [124]妊娠中の排尿障害     [125]ネフローゼ     [126]寝汗     [127]熱感     [128]ノイローゼ     [129]脳出血     [130]バセドウ病     [131]歯がグラグラ     [132]肺気腫     [133]肺結核     [134]排尿時に灼熱感・疼痛          [135]白内障      [136]発育不良      [137]煩渇引飲           [138]脾腎泄(=五更瀉)      [139]疲労      [140]不感症           [141]ほてり      [142]膀胱炎      [143]膀胱括約筋麻痺      [144]膀胱結核      [145]膀胱結石      [146]膀胱直腸障害      [147]勃起不全     [148]麻疹:        ☆麻疹後数日、熱退かざる者を治し奇効あり:「白芥子・防風・黄蓍」         《雨森牛南》      [149]慢性気管支炎     [150]慢性腎炎:        ☆慢性腎炎・萎縮腎にて疲労、多尿の者《漢方後世要方解説》     [151]慢性尿路感染症      [152]耳鳴り: ☆「柴胡・磁石」=「耳鳴丸」【中成薬】      [153]無月経      [154]無排卵      [155]夢泄      [156]めまい      [157]面黒形痩      [158]網膜炎      [159]網膜出血      [160]網膜剥離      [161]もうろう感      [162]夜尿症:         ☆夜尿症にこの方の効がある者がある《漢方後世要方解説》      [163]遊走腎      [164]腰脚麻痺(下肢麻痺)     [165]腰痛:         ☆(腎虚痛、安静時に鈍痛)              ☆初老以後の者で腰痛、眼精疲労、視力減退する者《漢方後世要方解          説》      [166]緑内障     [167]老人性掻痒症:         ☆(患部が黒く乾燥)     [168]老人性排尿障害:         ☆(尿がポタポタ、尿頻数)       [169]老人性膀胱萎縮     [170]老人の頻尿 【加減方】      血膨:「乾姜・川・防已」《雑病翼方》       「黄連・白芥子」=「元陰湯」《本朝経験》      「沢瀉人参黄蓍」=「七賢散」

 

六味地黄丸{2] 《丹渓附録》      「六味丸牡蛎・五味子」    ◎内虚熱する者にして小便頻数不禁なるを治す。

 

六味地黄元《東醫寶鑑》      「 ◎虚労で腎気が衰弱した症。    ◎痩せて盗汗があって発熱し、五臓が衰弱した者。  

 

六物黄湯[1-1]《金匱要略》      「黄3両、人参3両、乾姜3両、桂枝1両、大棗12枚、半夏半升」       右六味、以水七升、煮取三升、温分三服。    ◎治乾嘔下利。 ◎張仲景、人参黄を用ふるや、心下痞して硬き者においてなり。然れば則ち心下痞硬・乾嘔・下利の者、此の湯之を主る。その此の証なければ、則ち終に効なきなり。 六物黄湯証=乾嘔・下利。《薬徴》    ◎=「半夏瀉心湯黄連甘草桂枝1両」《重校薬徴》    ◎桂枝1両は疑わし、当に2両に作るべし。《重校薬徴》    ◎心下痞、乾嘔、下利、発熱の証を療するに此方を使用す。其の効神の如し。     《重校薬徴》    ◎《勿誤薬室方函口訣》     此方は黄湯と桂枝人参湯の間の位で、上熱下寒の下痢に用いて効あり。       [黄湯]=腹痛を主とする。       [六物黄湯]=乾嘔を主とする。       [桂枝人参湯]=腹痛、なく、表熱ありて虚寒に属する者。    ◎此方は半夏瀉心湯に類して、下利を治する効力は最も速い。《勿誤薬室方函口     訣》

 

六物黄湯[1-2]《金匱要略》《龍野ー漢方処方集》      「黄・人参・乾姜・大棗各3.0g、桂枝2.0g。半夏8.0g」       水280ccを以て煮て120ccに煮詰め3回に分服。    ◎乾嘔下痢。

 

六物葛根湯《勿誤薬室方函口訣》      「葛根黄黄連湯紅花・石膏」 ◎口瘡を治す。

 

六物解毒湯《黴癘新書》《勿誤薬室方函口訣》      「遺糧4銭、金銀花2銭、川・苡仁各1銭半、木瓜・大黄各1銭」    ◎黴瘡、骨節疼痛を治す。    ◎此方は山東洋の《捜風解毒湯》を刪訂したる者にて、捜風解毒湯の主治と同じ     ところへ用いる。けだし香川の解毒剤は一切の瘡瘍の毒を小便に分泌する効あ     り。諸瘡の臭気を去るには妙なり。 ◎此方は筋骨等津と[軽粉][甘汞]の毒を解するを主として用いるべし。 (刪訂=サンテイ、けずり訂正する)

 

六物散《東醫寶鑑》       「乾枸杞根・乾薔薇根・甘草各2両、胡粉・商陸根・滑石各1両」作末し酒       少量に混ぜて塗る。    ◎漏腋を治す。      漏腋=腋下・手掌・足心・陰下・股裏が、いつもジトジトと、汗がにじむ。  

 

六物敗毒湯 《漢方診療医典》      「遺糧4.0、金銀花・川・木瓜各3.0、苡仁5.0、大黄1.0」  

 

六物附子湯[1-1]《三因極一病証方論》      「炮附子・桂心・防已各4両、白朮・茯苓各3両、炙甘草2両」(巻3)

 

六物附子湯[1-2]《三因極一病証方論》《勿誤薬室方函口訣》      「附子4両、桂枝4両、蒼朮2分、甘草2分、防已4両、茯苓3分」水煎し       冷服。    ◎四気、足の太陰経に流注し、骨節煩疼、四肢拘急し、自汗短気あり、小便不利     し、悪風、寒に怯え、頭面手足時々浮腫するを治す。 ◎此方は、骨節疼痛の模様、附子湯に似たれども、その因、風湿よりきて、四肢     に水気を含み、悪寒自汗等出ずるものなり。 ◎[桂枝附子湯]の一等水気ある者に用いる。    ◎その水気、表に専らにして、[真武湯]の内水とは大いに異なる。    ◎寒湿脚気、疼痛不仁して、両尺脈来ること沈細なる者を主る。これ痺 証なり。     案ずるに仲景[甘草附子湯]、《備急千金要方》[四物附子湯]と名付けて曰く、     体腫るる者、防已4両を加う。悸気あり小便不利する者は茯苓3両を加うと。     陳氏、これに拠り合して一方となし、以て六物附子湯となすなり。《雑病翼方》    ◎方後に云う、湿痺緩風を治すと。湿のために中る所、之を湿痺という。        手足緩弱なる者、之を緩風という。これを脚気緩症に用いてすこぶる効あり。    ◎風湿脚気なる者は疼痛を以て弁となす。疼痛ある者は必ず衝心せず、もし衝心     せんとするも者は[唐侍中一方]によろし。ただし、痛軽き者は[六物附子湯]に     よろし。《先哲医話》  

 

六物附子湯[1-3]《三因極一病証方論》《経験》      「附子・甘草各1.8、桂枝・防已各3.0、白朮・茯苓各5.0」

 

六物附子湯[1-4]《三因極一病証方論》《龍野ー漢方処方集》      「桂枝・防已各4.0g、甘草2.0g、白朮・茯苓各3.0g、白川附子1.0g」    ◎骨関節疼痛、四肢筋肉攣縮、自汗、息切れ、尿利減少、悪風寒、顔面手足時々     浮腫する者。 六抑湯 六和湯《和剤局方》《医方考》   「縮砂仁・香・厚朴・杏仁・半夏・白扁豆・木瓜・人参・白朮・赤茯苓・       甘草・生姜・大棗」 ◎寒熱交錯し、霍乱吐瀉。  

 

六和湯《和剤局方》《古今方彙》      「半夏・砂仁・杏仁・人参・甘草各1両、赤茯苓・香・白扁豆・木瓜各2       両、香・厚朴各4両、生姜、大棗」水煎。 ◎暑に傷れ、心脾霍乱転筋、嘔瀉寒熱、痰嗽痞満、頭目昏痛、肢体浮腫。便渋り、     冒暑瘧痢、中酒煩渇、食を畏るるを治す。  

 

六和湯《東醫寶鑑》      「香・厚朴各1銭半、赤茯苓・香・白扁豆・木瓜各1銭、縮砂・杏仁・       半夏・人参・甘草各5分作1貼して、姜3、棗2を入れ、水煎服。       黄連(麩炒)1銭を加えると、清暑六和湯という。    ◎暑に嘔吐・下痢・浮腫・瘧痢する者。  

 

六和湯[2]《東醫寶鑑》      「常山2銭、知母・貝母・人参・草果・白・烏梅・檳榔・柴胡各1銭、姜3、      棗2」酒と水を半分づつにして煎じ、一晩露にあて、瘧の発する日に服用。    ◎瘧の治らない者。

 

鹿角膠丸《東醫寶鑑》      「鹿角膠(炒)1両、没薬・油髪灰各6銭」粉末にし、白茅根汁に糊を少し混       ぜ梧子大の丸剤。空腹時に塩湯で70丸呑む。    ◎房事過多と小便から出血する者。  

 

鹿角膠散《東醫寶鑑》      「鹿角膠1斤、鹿角霜・熟地黄各8両、当帰身4両、牛膝・白茯苓・菟絲子       ・人参・白朮・杜仲各2両、虎脛骨・亀板(酥炙)各1両」を作末して鹿角       膠を酒に入れ、煎じつめた水で梧子大の丸剤。姜塩湯で100丸飲み下す。    ◎両足の痿軟。    ◎長い間寝ていたために起きられない者。

 

鹿角散《東醫寶鑑》      「鹿角屑・鹿茸(酥炙)各1両、白茯苓7銭半、人参・白茯神・桑蛸・川       ・当帰・破故紙・竜骨・韭子(酒浸・1晩焙)各5銭、柏子仁・甘草各2銭       半」粉末にし、毎回5銭に姜5斤・棗2枚・粳米100粒を入れて煎じ、空       腹時に服用。    ◎久虚夢泄。  

 

鹿角散《洞玄子》      「鹿角・柏子仁・菟絲子・蛇床子・車前子・遠志・五味子・肉蓉各4分」       搗いて篩(ふるい)にかけ作末する。毎食後5分~1寸大の匙1杯を服用。 ◎男子が五労七傷で陰茎が萎えて勃起せず、性交に及んでも成功しない者。    ◎性交の途中でしぼんでしまい、又は精液がひとりでに漏れる者。    ◎尿が出きらなかったり、腰・背中が疼き、冷える者。

 

鹿茸丸《東醫寶鑑》      「麦門冬2両、鹿茸・熟地黄・黄蓍・五味子・鶏(麩炒)・肉蓉(酒浸)       ・山茱萸・破故紙(炒)・牛膝(酒浸)・人参各7銭半、白茯苓・地骨皮・玄       参各5銭」作末し蜜で梧子大の丸剤。空腹時に米飲で50~70丸呑む。 ◎腎虚・消渇で小便の少ない者。  

 

鹿茸丸《厳氏済生方》      「鹿茸、牛膝、五味子、川楝肉、山薬、肉桂、杜仲、沢瀉、沈香」  

 

鹿茸散《備急千金要方》《中薬臨床応用》      「鹿茸1.5g、当帰9g、阿膠9g、蒲黄6g、烏賊骨15g」細末にし毎日1~2       回、3gづつ湯で服用。    ◎腎陽虚の不正性器出血。  

 

鹿茸散《証治準縄》      「鹿茸、烏賊骨、白芍薬、当帰、桑寄生、竜骨、人参、桑蛸」  

 

鹿茸散《婦人大全良方》      「鹿茸、烏賊骨、桑寄生、竜骨、白芍、当帰、附子、桑蛸」  

 

鹿茸大補丸《沈氏尊生書》      「鹿茸、黄蓍、茯苓、当帰、熟地黄、肉蓉、杜仲、白芍、白朮、附子、肉       桂、人参、五味子、金石斛、半夏、甘草」  

 

鹿茸大補湯《医学入門》《古今方彙》      「鹿茸・黄蓍・当帰・白茯苓・熟地黄各2分、白芍薬・白朮・附子・人参・       肉桂・半夏・石斛・五味子各3分、肉蓉・杜仲各4分、甘草1分、生姜、       大棗」煎服。 ◎男子一切の虚損、婦人のの亡血等の症を治す。

 

鹿茸大補湯《東醫寶鑑》      「肉蓉・杜仲各1銭、白芍薬・白朮・附子(炮)・人参・肉桂・半夏・石斛       ・五味子各7分、鹿茸・黄蓍・当帰・白茯苓・熟地黄各5分、甘草2分半、       姜3、棗2」煎服。    ◎虚労に少気と一切の虚損を治す。  

 

蘆根散《聖恵方》      「蘆根、天花粉、麦門冬、甘草」  蘆根加石膏      「蘆根、天花粉、麦門冬、甘草、石膏」  

 

緑雲散      「桑葉を蒸して乾燥、作末して3回、2銭づつ混ぜて服用。」    ◎顔面の肺毒瘡が大風瘡のようになった症を治す。

 

緑礬丸《東醫寶鑑》      「五倍子(炒黒)・神麹(炒黄)各8両、鍼砂(炒紅腫淬)・緑礬(姜汁炒)各4両」       作末し姜汁で煎じた棗肉を梧子大の丸剤。温酒で60~70丸呑む。    ◎黄腫病を治す。  

 

緑袍散《東醫寶鑑》      「黄柏・薄荷・芒硝・青黛」各等分に作末し、竜脳少々入れて歯肉をこする。    ◎歯縫の出血を治す。  

 

炉灰膏《東醫寶鑑》      「響糖炉のなかに灰1升半、風化石灰1升を炒って竹箕に入れて混ぜ、3椀       を滾湯に入れ、ゆっくりと自然汁1椀を取って、煮て膏を粥のように作っ       た後、巴豆末2銭を入れ、次に蟾酥2銭と白丁香末(炒)5分、石灰末1銭       を入れて、再び煮て乾麺糊のようになると、患部に塗る。    ◎黒痣(コクシ、ほくろ)に。