「や」漢方処方



射干散《寿世保元》《古今方彙》
「升麻・桔梗・射干・昆布・連翹・甘草」水煎し熱服すれば汗出でてたちどころに癒ゆ。
◎耳王風とは耳腫れて痛みを作し牙関緊急、乍ち寒く乍ち熱し、飲食下らず、是れなり。之を主る。
◎併せて面腫れ、牙痛み、咽喉痛むを治する。


射干湯[1]《東醫寶鑑》
「半夏2銭、杏仁・陳皮・桂心・枳実各1銭、射干・当帰・独活・麻黄・紫菀・甘草各5分、姜5片」水煎服。
◎酷寒・酷暑に潜休し、咳嗽で息がしにくい者。

 

射干湯[2]《医学入門》《古今方彙》
「射干・升麻各2銭、芒硝・馬勃(ホコリタケ)各1銭4分」水煎。
◎風熱にて咽喉腫痛するを治す。

 

射干麻黄湯[1-1]《金匱要略》
「射干13枚(一云3両)、麻黄4両、生姜4両、細辛3両、紫菀3両、款冬花3両、五味子半升、大棗7枚、半夏(洗)大者8枚(一法半斤)」
右九味、以水一斗二升、先煮麻黄両沸、去上沫、内諸薬煮取三升、分温三服。
◎而上氣、喉中水癀聲、射干麻黄湯主之。
    
 

射干麻黄湯[1-2]《金匱要略》《中薬臨床応用》
「射干6g、麻黄3g、生姜3g、細辛1.5g、五味子1.5g、紫菀9g、款冬花6g、製半夏6g、大棗6g」水煎服。
◎欬して上気し、涎沫を吐し、喉中水鶏の声ありて、心下に停飲有り、目の下微腫する者は、射干麻黄湯之を主どる。《医聖方格》
◎此方は後世のいわゆる哮喘に用いる。《勿誤薬室方函口訣》
◎水鶏声は哮喘の呼吸を形容するなり。
◎射干・紫菀・款冬花は肺気を利し、麻黄・細辛・生姜の発散と半夏の降逆、五味子の収斂、大棗の安中を合して一方の妙用をなす。《勿誤薬室方函口訣》
◎按ずるに、これ小青竜湯の変方なり、その紫菀、款冬花、射干を用いるは咽喉不利を主とするなり。《雑病論識》
◎《汪機》曰く、射干麻黄湯、外寒内熱を包み、嗽喘胸高、喉中水鶏声の如し、その用は「華蓋散」と同じ。ただしその邪やや甚だし、故に此の治法も亦外寒を散ずるを主と為すに宜し。《雑病論識》
◎久咳止まず、或いは産後の喘咳、頸項に痰歴を生じ、累々として貫珠の如き者を治す。細辛、五味子を去りて射干を倍し、皀角子を加えれば効あり。南呂丸を兼用する。《類聚方広義》



射干麻黄湯[1-3]《金匱要略》《漢方治療の実際》
「射干2.5、麻黄・生姜・五味子各3、細辛・紫苑・款冬花・大棗各2、半 夏4」

★適応症及び病名(五十音順)
[1]気管支炎:
☆咳嗽で痰が多い、息苦しい。
☆喘息性気管支炎
☆気管支炎等にして、熱性症候著しからざる者《奥田謙蔵》
[2]気管支喘息:
☆気管支喘息、及びその類似疾患。《奥田謙蔵》
[3]喘鳴:
☆欬して上気し、喉中がゴロゴロ或いはヒューヒュー鳴り或いは犬の遠吠えの如き音がする者。《龍野ー漢方処方集》
☆脈浮にして上逆し、咳嗽を発し、咽喉に喘鳴あり、呼吸促迫甚だしき証。《奥田謙蔵》
[4]匂いが分からない:
☆鼻、香臭をきかず、余症なき者に、此方を用いて、まま効を得る《福井楓亭》
[4]肺気腫:
[5]百日咳:
☆私はかって、この方を気管支喘息に用いたが効無く、しばらく使用しなかった。後になって、山田業広が、この方は百日咳に用いて大効があると述べているので、小青竜湯・麻杏甘石湯などを使用して効のない百日咳に用いて効があった、《大塚敬節》
☆小児の百日咳は古人、頓嗽と名づけたり。治方は《金匱要略》の射干麻黄湯の類方が千金方にありて小児の咳嗽を治することを云へり、因って射干麻黄湯を用ふるに大効あり《椿庭夜話》




約精丸《東醫寶鑑》
「新韭子(霜が降り立て)1斤を(酒浸)1晩、白竜骨2両」作末し酒・餅米に混ぜて梧子大の丸剤。空腹時に塩湯で30丸服用。
◎小便に精が混じって排泄するときの特効薬。

益智飲[1]《勿誤薬室方函口訣》
「藿香、益智、木香」
「三味湯《本朝経験》」に同じ。
◎傷食の主方とす。

益智飲[2]《臨床常用中薬手冊》
「益智仁、党参、茯苓、半夏、車前子、橘皮」

益智固真湯《寿世保元》《古今方彙》
「黄蓍・甘草(生)・黄連各1銭半、人参・巴戟各3銭、白芍薬(酒)2銭、白芷・茯神・当帰・酸棗仁・山薬・益智仁・麦門冬・沢瀉・黄芩・蓮蕊鬚・知母各1銭、黄柏(酒)7分、升麻5分、五味子12粒(夏は16粒)」水煎、 空心に服す。
◎夢精にて滑精するを治す。

益智仁湯《厳氏済生方》
「益智仁、乾姜、甘草、茴香、烏頭、生姜、青皮」

 


益智和中湯《東醫寶鑑》
「白芍薬1銭半、当帰・黄蓍・升麻・甘草(炙)各1銭、柴胡・葛根・益智・半夏各5分、桂皮4分、肉桂・乾姜(炮)各2分」煎服。
◎腸下血の路が黒紫で、腹痛・悪寒するとき。


益母丸《医学入門》
「益母草、当帰、赤芍薬、木香」

益母湯 《万病回春》《古今方彙》
「当帰・川芎・白芍薬(酒)・熟地黄(生姜)・黄芩・陳皮・香附子(醋)・阿膠(蛤粉炒)各1銭、益母草・白朮各1銭半、玄参・蒲黄(炒)各8分、甘草4分」水煎。
◎婦人の血崩を治す。日久しきは虚寒に属する者成り、宜しく温補すべし。


夜光育神丸《東醫寶鑑》
「熟地黄・生乾地黄・遠志・牛膝・菟絲子・枸杞子・甘菊・枳殻・地骨皮・当帰」各等分に作末し梧子大の丸剤。空腹時に50~70丸、酒で飲む。
◎老人の眼昏。

 

野蚕湯《本朝経験》
「馬明湯[2]《本朝経験》-石膏甘草、乳香」