最高裁判決

6/27、債務整理について、借金の額が140万円を超える場合、司法書士は代理できないとする、判断を初めて下した。

裁判外の債務整理ついて、

日本司法書士連合会は“弁済計画の変更などで依頼者が受け取る利益が140万円以下であれば担当できる”と解釈してきた。

 

たとえば、500万円の債務が整理によって400万円まで減少する場合は、「利益」が140万円を下回るので受任できるとしてきた。

判決では“裁判外の和解が成立した時点で初めて分かるような利益の額を基準とすべきではない”と判断した。

2016年06月28日