脳も臓器の1つ

幼少期に、心を健やかに育てることが、とても大切だ。

 

心は脳の活動なので、脳をうまく育てることが必要になる。

 

ここで忘れてはならないのは、

脳は肝臓や心臓と同じような「臓器」である ということである。

臓器が健全に育つためには、適切な栄養が欠かせない。

 

とくに幼少期の頃の栄養は、脳の発育、随って、知能に代表される心の発育にとても重要なのである

幼児期に栄養不良で育った子供と、普通の栄養を摂って育った子供で、脳内のデオキシリボ核酸(DNA)の量を比較したデータがある。
DNAは遺伝子の本体で、この量が多ければ遺伝子も多く発現し、脳内での神経回路は豊かに育つ。


このデータでは、栄養不良で育つと脳内DNAが非常に不足することが示された。

 

普通の栄養状態に比べ、DNA量が半分しかない子供もいたのであるこれは、栄養不良では、脳の神経回路がうまく育たないことを示す代表的なデータである。

 

知能指数は普通、100を頂点とした分布を示す。

実際、普通の栄養で育った子供を調べると、110とか120などの値をします。
IQにも色々あるが、とくに重要なのは「一般的IQ」である。


このIQは、社会的成功と密接に関係している。

一般的IQが低いほど、犯罪などの社会的リスクを強く負うようになってしまう。IQが低くてもかまわないという意見もあるかも知れない。多少低くても、きちんとした人間になればよいのでは、という意見に私も賛成である。

 

ところが、栄養不良で育った場合、すべてが100以下なのである。これはあなどれない、データである。

ここでいう栄養不良とは脳の発育にとって必要な栄養素を適切に取っていないという意味である。

 

2017年01月05日