応用範囲が広いブロックチェーン

もともとは仮想通貨「ビットコイン」の取引を改ざんされないように記録し、、末端同士がサーバーを介さず、直接つながるP2Pネットワーク上で共有するための技術。


(応用)


(1)資産管理
(2)本人認証
(3)あらゆるモノがネットにつながる「IoT」の情報管理
(4)改ざんされないデータの共有


2016年07月05日