シワを防ぐ成分

2016年、ポーラ化成工業は、肌のシワの発生原因となる物質の働きを止める成分を発見した。

 

厚生労働省がシワを改善する医薬部外品として初めて承認した。

 

肌のシワは、ストレスや紫外線などの外部刺激が肌に炎症を起こしてできる。

その際、エラスターゼと呼ばれる酵素が多く分泌され、肌の弾力を出すコラーゲンエラスチンなどの成分が減少する。

 

新たに発見した「エラスターゼ阻害剤」は4種類のアミノ酸で構成され、エラスターゼの作用をジャマして、シワが増えるのを防ぐ効果がある。

 

68名の女性を対象に目尻のシワでテストした。
70%で改善が見られた。

 

一般的に深いシワは・・・100~200マイクロ㍍。
阻害剤を12週間使用すると、約13マイクロ㍍、改善された。


2016年07月15日