老化物質の功罪

AGE(糖化タンパク質)

AGEが出来ると、これは他のタンパク質と結合し、褐色の物質に変化してしまう。

こうなると皮膚や血管も弾力を失い老化の症状を呈して来る

ところが

AGEが虫歯の進行を遅らせるという。

 

2016年08月17日