債務整理業務は誰が担当する?

過払い金などの債務整理で担当できるは、弁護士と司法書士。

対応できる金額の範囲が争点になり、6/27の最高裁第1小法廷で判決が言い渡される。

司法書士が担当できるのは「140万以下」。

2002年の司法書士法の改定で、認定を受けた司法書士は簡易裁判所の民事訴訟で代理人を引き受けられるようになった。
裁判外の債務整理も代理人が可能だが、簡易裁判所が扱う「140万以下」とされる。

「140万」の解釈を巡って

司法書士側は依頼者が受ける利益が140万以下と解釈。

弁護士側は債権額が140万円以下と主張する。

現実に、和歌山の多重債務者らが債務整理を依頼した司法書士が業務の範囲を超えた違法な「非弁行為」で和解をしたとして紛争になっている。

 

 

 

2016年06月25日