体外受精の新しい手法

卵子にミトコンドリアを移植

 

大阪市の不妊治療クリニックが報告した。

 

女性の卵巣から細胞のエネルギーを作り出す細胞内小器官「ミトコンドリア」を取り出し、体外受精の際に卵子に移植したところ・・・2人で妊娠に成功した。

この手法は米国企業が開発。


2015年12月に、日本産科婦人科学会が臨床研究として認めた。

 

 

2016年08月30日